一人でいるような気分のイメージ

完治した後は

頭痛

治療中と同じように

双極性障害は完治が可能な病気です。その為には患者自身と周囲の大きな努力が必要になるでしょう。その間には辛い事も生じますが、完治した後は快適な生活を送る事が出来ます。しかし、再発の可能性が高いのが双極性障害です。完治した後も、治療中と同じように正しい生活習慣を過ごす事が必要になります。その為、完治したと医者に診断されても、その後も定期的な検査を受ける事があるでしょう。朝起きて夜眠るという生活のリズムは、双極性障害に限らず、他の病気を発症させる可能性を低くします。生活習慣は毎日行なう事で体にしみついていくものなので、しっかりと身に付けましょう。また、対人関係療法ともなる対人とのコミュニケーションも変わらず取るようにするとさらに有効です。

再発を繰り返すと

注意を怠り、検査で双極性障害の再発が発覚した場合には、再度治療を受ける必要があるでしょう。そしてまた完治する事は可能ですが、再発を繰り返す事によって症状はどんどんと重くなる可能性があります。躁状態とうつ状態が転換する感覚が短くなる傾向にあります。検査によって悪い症状と診断されると、入院の必要性が出てくるでしょう。そういった状態になると悪循環にはまってしまいます。定期的な検査を受けながら、医者から重ねて注意事項を確認し、再発に備える為の予防策をしっかりと取りましょう。双極性障害の患者の約9割が再発すると言われていますが、人によっては10〜20年、再発しないのです。

Copyright(c) 2015 検査で病気を診断、双極性障害の正しい治療法と予防法 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com