一人でいるような気分のイメージ

周囲の協力

握手を求める医師

理解をしてもらう

体を蝕む病気であれば、病気の症状を目で見て分かる事が出来るでしょう。しかし、双極性障害など心を蝕む病気の場合は、その症状を周囲の人間が目で見て分かる事が出来ません。その為、病気によっての性格の変化だとしても、それを病気のせいだと分からずに犬猿する事もあるでしょう。また、精神疾患患者だと、検査の結果、診断された人の多くはその事実を隠したがるものなので、余計に分かり合える事が難しくなります。ただでさえ、うつ状態の時は悲観的な考え方をしがちな双極性障害患者は、孤立する事でさらに落ち込みやすくなるでしょう。病気を完全に治す為には周囲からの理解を得る事が最も大事です。

家族のサポート

双極性障害の治療の中では、検査を行ない、場合によっては入院する事があるでしょう。入院している間は患者を病院で医者が常に検査し、看る事が出来ますが、自宅ではそうはいきません。治療の中で、薬の服用を怠る事は悪い影響を与えます。気分によっては薬を服用する事が億劫に感じる場合もあるので、そういった時に家族のサポートが必要になります。双極性障害は完治した後であっても、たった1日の徹夜によって再発する可能性のある病気です。不眠症を併発している患者であれば徹夜をしないように、睡眠薬を服用する事が重要になるので、患者自身が服用する事がなければ家族が促してあげましょう。定期的な検査では、病気の進行具合を知る事が出来るので、順調に完治へ向かう事をお互いの喜びにして治療に専念しましょう。

Copyright(c) 2015 検査で病気を診断、双極性障害の正しい治療法と予防法 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com