一人でいるような気分のイメージ

発症しやすい性格

混乱

親切心が強い

双極性障害を発症させる人の病前性格というのは、大らかで明るく、人に対しての親切心が強いと言われています。また気配りが出来るという事で、ストレスを溜めやすいという事が言えるでしょう。うつ病もまたストレスが大きな発症原因となる病気の為に、そういった人達が発症する可能性が高いです。双極性障害を発症しやすい人かどうかを調べる為の検査を受ける事も可能です。ストレスを溜めるという事は、双極性障害以外の病気にも繋がる可能性が高まるので気をつける必要があります。

性格の他にも

性格の他にも双極性障害を発症しやすい特徴として体型があります。それは肥満型だと言われています。双極性障害を発症しやすい人はよく食べるという特徴があるのです。人の体型は痩せ型、肥満型、筋骨型、発育異常型に分ける事ができ、検査の結果、肥満型に双極性障害患者が多いという事が分かりました。発症しやすいと言われる、大らかで明るくユーモアセンスに長けている性格は循環気質と言われ、人付き合いのいい型と引っ込み思案の型があります。さまざまな研究者の研究によって、どういった人が発症しやすいのかという事が実際に証明されてきているのです。一度双極性障害を発症すると、完治した後も予防が必要な為にこの病気と一生の付き合いとなります。当てはまる事があれば、検査を受けてみて早めに事実を知る事も大事です。病気は遺伝的な問題で発症する可能性もあるので、事前に検査で分かる事であれば受けておきましょう。

Copyright(c) 2015 検査で病気を診断、双極性障害の正しい治療法と予防法 . All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com